ZEHとは?エネルギー収支がゼロになる未来のしくみ

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、年間の1次エネルギー消費量がネットでゼロとなる住宅のことです。

消費電力のムダを省く「省エネ」と、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、また、エネルギーの状態を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。

政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しております。

※一次エネルギーとは、石油・天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽エネルギーなど、自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと。

一次エネルギーを加工して得られる電気などは二次エネルギーと呼ばれています。

補助金の案内

補助金が交付される場合があります。詳しくはお問い合わせください。

政府目標

住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※エネルギー基本計画

当社目標

当社では、下記の通り目標を設定し、ZEH基準の住まいの普及に取り組んでまいります。
※2016年度20%、2017年度25%、2018年度30%、2019年度40%、2020年度55%
詳細については、お問い合わせください。

●当社実績 2016年度 0
●当社実績 2017年度 0
●当社実績 2018年度 0
  • 自然素材リノベーション
  • 断熱・省エネリノベーション
  • 平屋リノベーション
  • イベント・チラシ情報