断熱・省エネリノベーション

日本の家はさまざまな工法で造られておりますが、設計やデザインによって最適な工法や、素材を比較検討し、当社ならではのルールを定めています。

基礎や工法はもちろん、外壁、サッシ、断熱材も法的基準をはるかに上回る強度と快適性能を備えたものを吟味し、どんな状況でもお客様が安心して暮らせる家創りを実現しています。

「構造」という目に見えない部分にも徹底してこだわる。それが弊社のスタイルです。

年間にかかるコストを考えたリノベーション

新築やリフォームにはそれなりに初期投資は必要です。しかし、新築もリフォームも建てた後が重要。 建築費と維持費のバランスを考え、大切な資産を長く守るための住まいを考えます。

住宅は外壁の表面積が大きいほど、室内の温度や湿度に大きな影響が出てしまい、防水性・耐久性・断熱性などコストも増えていきます。そして、夏の暑さや冬の寒さなど、外気温の影響をできる限り小さくする為には断熱性能も高めなくてはなりません。

そういった初期投資でかかったコストを、リフォームした後の光熱費等を削減し、年間にかかるコストを抑えます。

気温変化を減らしノンストレスな住まいへ

夏は涼しく、冬は暖かくという言葉を聞いたことがあると思いますが、断熱性とはまさにそれで、外部と内部の熱を通しにくくする性能を意味します。

断熱性の高い住宅では生活動線上の部屋の温度差を減らし、気温の変化によるヒートショックなど体へのストレスを軽減します。これにより健康で快適に過ごすことができます。

断熱材 セルロースファイバー

私たちの創る家の断熱材は、セルロースファイバーを標準装備にしています。セルロースファイバーは、新間古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材。様々な太さの繊維が絡み合い、ふんわりとした厚い空気の層を作ると共に、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しています。

この空気胞が断熱、遮音効果をより高めます。また、木質繊維ならではの吸放湿性で一年中適度な湿度を保つことができます。

気温の変化に合わせた温熱環境づくりが大切

室温と健康被害は密接な関係にあります。凄く寒い家、凄く暑い家どちらに偏ってもそこに住む人は快適に過ごすことは難しいと思います。

断熱改修されていない住宅では温度差によるヒートショックが起きてしまい、健康を害してしまう高齢者が増えています。 低燃費のお家は、家の中が一定温度でいつでもきれいな空気。カビやアレルギー対策に優れた構造をしています。

ZEH基準の住まいの普及に取り組んでいます。

「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い= ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のことです。

消費電力のムダを省く「省エネ」と、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、また、エネルギーの状態を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。
政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しております。

※一次エネルギーとは、石油・天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽エネルギーなど、自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと。一次エネルギーを加工して得られる電気などは二次エネルギーと呼ばれています。

当社も、ZEH基準の住まいの普及に取り組んでまいります。 補助金が交付される場合もありますので、詳細についてはお問い合わせください。

  • 自然素材リノベーション
  • 断熱・省エネリノベーション
  • 平屋リノベーション
  • イベント・チラシ情報