自然素材リノベーション

人にやさしい空間は人を思いやる心から生まれてきます。 私たちの家創りは自然の素材にこだわりところから始まっています。

「自然」……それは好かれるものではなく、栄養素のようにヒトが生きていく上で必要不可欠なものなのかもしれません。自然と調和し、これを有効最大限に活かす家……これは家創りにおいて必需だと考えます。

住まいの電磁波対策をしましょう

誰もが毎日毎日たくさん使う電気、その電気の副作物が電磁波です。

現代の住まいは電気が溢れ、家電製品ばかりでなく、建物そのものから電磁波が発生しています。

私達の生活になくてはならない電気を、その副作用である電磁波の影響を受けずに、賢く上手に利用する ための方法がオールアース住宅です。

どうしてお家から電磁波が出るの?

「廊下や玄関もお洒落なダウンライトにして、ダイニングやリビングも主照明の他にダウンライトをつけて
落ち着いた雰囲気も演出したい」
「ここにも照明があった方が便利だな、スイッチも2、3箇所欲しいな」
「たくさんの家電製品用にコンセントもあちこちにあった方が便利だし」etc…

実は30年前と比較すると…
・コンセントの数 16箇所 → 48箇所に
・照明の数 16箇所 → 42箇所に
・分電盤の回路数 6回路 → 23回路に


結果的に…
・屋内配線の数量 150m → 950mに!

機能的で便利になればなるほど、照明やコンセントに供給される屋内配線も増えてきます。

今のお家はなんと1軒で平均950m近くもの配線が入っています。ほぼ1kmです。

家電製品の電源コードと同じものが床下や壁の中に1km近くも入っているのです。

al1-01

安全な基準ってあるの?

国内の電磁波ガイドラインは送電線を基準としたものとなっており、家庭内の電気製品等については対象としておりません。

しかし、環境先進国スウェーデンでは家電製品から発生するパソコンの電磁波を規制したガイドラインがあり、オールアース住宅はこのガイドラインを基に、住まいのセーフティーガイドラインを設けています。
25V/m 以下(スウェーデンMPR-Ⅱ 1990 年制定)

電磁波の影響を受けず、安全に家電製品を使用するにはアースが有効です。
電子レンジや冷蔵庫、洗濯機は感電防止のためアースをとっていますよね?実はあのアースが電磁波も抑制してくれるんです。

なぜ対策が必要なの?

この小さな小さな電気は、100V の大きな電気の負荷を受けることによって、生体バランスを崩し、アレルギーを引き起こしたり、 自律神経系への影響等が懸念されます。

人は寝ている間に病気を治し、体力を回復させ、成長します。質の良い睡眠をとり、明日への十分な活力を養うには、特に寝室や子供部屋の電磁波環境を整えることはとても大切です。

これから何十年とお住まいになる住まいにおいて、毎日の積み重ねが大きな差となることでしょう。

安全に暮らすためのアースポイント

◇直接触れて使用するパソコンは必ずアースをしましょう!

al1-08

例えばパソコンの場合、アースターミナル付アースコンセントのアース端子と、ノートパソコンの金属部分を銅線でつなぐだけです。

※筺体(きょうたい)と言われる金物で覆われている家電製品は金属部分にアース線を接続することでアースできます。
電気毛布やホットカーペットなど本体が繊維でできているものはアースできません。

◇オリジナルの導電性繊維を床、壁の内部に施工し、アースをすることで、屋内配線から発生する電磁波をシャットアウト

al1-13

床はフローリングや畳の下、壁はボードを貼る前にシートを施工していきますので、竣工後は見えなくなり、美観を損なうこともありません。

シートを施工箇所した箇所は、ガイドラインである25V/m 以下に低減します。

結露知らずの快適な住まいへ

珪藻土は、珪藻(植物プランクトンの一種)の化石からできた泥土を原料とし、固化剤を混ぜ合わせたものでできています。

無数の微細な孔(穴)を持ち、耐火性や吸水性、吸着性、消臭性、保湿・調湿性など、たくさんの優れた性質を持っているのです。

オススメする理由

・自然素材の珪藻土は有害な化学物質を含んでいないため、アレルギー症状に悪影響を及ぼしません。

・湿度を調節して結露やそれに伴うカビの発生を防ぎます。

・無数の微細な孔を持つ多孔質の珪藻土には、室内の湿度が高くなると水分を吸収、逆に湿度が低くなると水分を放出して湿度を調節する働きがあります。

・珪藻土には耐火性があります。住宅といえば怖いのは火事ですが、珪藻土なら燃焼を長く抑えることができます。もちろん化学物質ではないので、燃えて有害なガスも発生しません。

夏は涼しく、冬は暖かく

種類によって、異なる肌触りが楽しめる無垢材の床

無垢材に触れてまず感じるのは、やさしいぬくもり。夏はひんやりと涼しく、冬は優しく暖かく。

無垢材は優れた調湿性能を備えており、室内が乾燥すれば水分を吐き出し、湿気が多い時には水分を吸い込みます。そう、無垢材は私たちと同じように生きているのです。 木の優しい香りに包まれて、一年中裸足で過ごせる心地よさ。

私たちの創る家では、無垢材の床が標準装備です。

オススメする理由

・木の表面は熱伝導性が低く、呼吸し、調湿効果もあるため、裸足で歩いてもべたつきません。常にあたたかく、やさしい肌触りのフローリングを維持することができます。

・天然の木材からでしか得られない自然の温もりと、木材の高級感を見て触れて味わう事ができます。

・きちんと手入れをすることで質感や風味が徐々に変化し、より深みのある雰囲気へ変化していきます。通常のフローリングは経年劣化と共に傷が目立ち、色あせてくるので目に見えて劣化した印象を与えてしまいますが、自然素材のフローリングでは経年劣化と共に風味が増し、傷や汚れも味わいの一つとして楽しむ事ができるでしょう。

  • 自然素材リノベーション
  • 断熱・省エネリノベーション
  • 平屋リノベーション
  • イベント・チラシ情報